シェイクスピアは誰だったか : エイヴォンの詩人に対するオックスフォード伯の挑戦

リチャード・F.ウェイレン 著 ; 磯山甚一, 坂口明徳, 大島由紀夫 訳

本書は、ストラトフォード・オン・エイヴォン出身のタイトル保持者に対抗する最有力で最強の挑戦者としてエドワード・ド・ヴィア、つまり第十七代オックスフォード伯爵ただ一人を絞り込み、伯の宮延人としての生涯を通して豊富な「証拠」の数々を提出、伯を支持するべく説得を企てる。はたしてこの歴史上永遠の、そして最大の「文学的推理劇」に幕はおりるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 地位の占有者-ストラトフォードの男(きわめて世俗的な生涯
  • 文学的証拠の欠落 ほか)
  • 第2部 最有力の挑戦者-オックスフォード伯(本当の作者を捜して
  • オックスフォード伯の文人的側面 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピアは誰だったか : エイヴォンの詩人に対するオックスフォード伯の挑戦
著作者等 Whalen, Richard F
坂口 明徳
大島 由紀夫
磯山 甚一
大島 由起夫
ウェイレン リチャード・F.
書名ヨミ シェイクスピア ワ ダレ ダッタカ : エイヴォン ノ シジン ニ タイスル オックスフォードハク ノ チョウセン
書名別名 Shakespeare-who was he?
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.6
ページ数 217, 44p
大きさ 20cm
ISBN 4588021966
NCID BA36311684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99037186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想