時のかけらたち

須賀敦子 著

靴底を通してのぼってくる、あの舗石の感触は、私に生きることの力を教えてくれる-。遠い石造りの街で出会った人々の思い出に寄り添いながら、ヨーロッパ精神の真髄を描く、著者、最後のエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • リヴィアの夢-パンテオン
  • ヴェネツィアの悲しみ
  • アラチェリの大階段
  • 舗石を敷いた道
  • チェザレの家
  • 図書館の記憶
  • スカッパ・ナポリ
  • ガールの水道橋
  • 空の群青色
  • ファッツィーニのアトリエ
  • 月と少女とアンドレア・ザンゾット
  • サンドロ・ペンナのひそやかな詩と人生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時のかけらたち
著作者等 須賀 敦子
書名ヨミ トキ ノ カケラタチ
出版元 青土社
刊行年月 1998.6
ページ数 218p
大きさ 20cm
ISBN 4791756460
NCID BA36310692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99066053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想