ゴミと化学物質

酒井伸一 著

処分場が満杯、野積みされる産業廃棄物、焼却炉でのダイオキシン発生、環境ホルモン物質の拡散。いま日本は「ゴミ破局」ともいえる事態にある。しかし、一方で容器リサイクルや乾電池の非水銀化などの対策も進んでいる。ゴミに由来する有害化学物質の現状は。それらをコントロールする方策は。さらに社会システムはどうあるべきか。

「BOOKデータベース」より

処分場が満杯、野積みされる産業廃棄物、焼却炉でのダイオキシン発生、環境ホルモン物質の拡散。いま日本は「ゴミ破局」ともいえる事態にある。しかし、一方で容器リサイクルや乾電池の非水銀化などの対策も進んでいる。ゴミに由来する有害化学物質の現状は。それらをコントロールする方策は。さらに社会システムはどうあるべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ゴミのゆくえ
  • 2 有害性の考え方
  • 3 燃焼過程のダイオキシン問題
  • 4 環境ホルモンと残留性有機汚染物質
  • 5 廃自動車とシュレッダーダスト
  • 6 クリーン・サイクル・コントロール戦略

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ゴミのゆくえ
  • 2 有害性の考え方
  • 3 燃焼過程のダイオキシン問題
  • 4 環境ホルモンと残留性有機汚染物質
  • 5 廃自動車とシュレッダーダスト
  • 6 クリーン・サイクル・コントロール戦略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴミと化学物質
著作者等 酒井 伸一
書名ヨミ ゴミ ト カガク ブッシツ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.6
ページ数 233, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4004305624
NCID BA36296966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99018960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想