「めくるめき」の芸術工学

吉武泰水 監修 ; 杉浦康平 編 ; 山口昌哉 ほか著

めくるめく8つのイメージの技法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フラクタルとカオスの淵より-「私とは?」の自己言及から数学の夢が解かれる。
  • 2 昇降機の非めくるめき-「エレベーター」そのあくなき非めくるめき現象の追及。
  • 3 加速装置のめくるめき-「ローラーコースター」めくるめく加速度の世界を遊ぶ。
  • 4 トランスとエクスタシーのメカニズム-「脳科学」が解明する伝統的祝祭パフォーマンスの合理性。
  • 5 生命の実感と喪失-「本当の自分」は、誰かが見ている夢ではないのか。
  • 6 メタフィクションの快楽-「虚人たち」の行方を夢と現実が揺らめくはざまに追う。
  • 7 マニエリスムの饗宴-「驚異の部屋」をめぐりめぐって
  • 8 めくるめく書物、都市、電脳空間-「サイボーグ・キュービズム」の眩惑。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「めくるめき」の芸術工学
著作者等 吉武 泰水
山口 昌哉
杉浦 康平
大橋 力
川口 博義
香山 リカ
田辺 仁夫
書名ヨミ メクルメキ ノ ゲイジュツ コウガク
書名別名 Mekurumeki no geijutsu kogaku
シリーズ名 神戸芸術工科大学レクチャーシリーズ
出版元 工作舎
刊行年月 1998.5
ページ数 294p
大きさ 21cm
ISBN 4875022956
NCID BA36296423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99006853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想