太宰治

奥野健男 著

「弱ケレド温カキ若キ人々」の永遠の味方、太宰治-。選ばれてあることの恍惚と不安に引き裂かれ、自己破壊・脱出・反逆という「下降指向の道」を突き進んだ彼は、自身の弱さをいかにして人間本質の問題に深めえたのか?そしてその真の魔力の源とは何か?数知れぬファンに読み継がれてきた太宰論の古典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間像と思想の成立
  • 2 その生涯
  • 3 その作品
  • 4 太宰治再説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太宰治
著作者等 奥野 健男
書名ヨミ ダザイ オサム
書名別名 Dazai osamu
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 1998.2
ページ数 361p
大きさ 16cm
ISBN 4167149036
NCID BA36295635
BN01837835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98072840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想