ゼミナール刑法 : 各論

三原憲三 編著

本書は、先に公刊された『ゼミナール刑法 総論』の姉妹編として、刑法各論の分野の勉強を深めようとする読者のために出版されたものである。本書は、既刊の総論編と同様に、刑法各論における重要な項目について、具体的なケースを提示し、それに関する判例及び学説を整理したうえで解説をほどこすという方式を採用している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 殺人の罪
  • 傷害・過失傷害の罪
  • 堕胎・遺棄の罪
  • 逮捕監禁、脅迫および略取・誘拐の罪
  • 強制わいせつの罪
  • 住居・秘密を侵す罪
  • 名誉・信用・業務に対する罪
  • 窃盗・強盗の罪
  • 詐欺・恐喝の罪
  • 横領・背任の罪〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゼミナール刑法 : 各論
著作者等 三原 憲三
書名ヨミ ゼミナール ケイホウ : カクロン
書名別名 Zeminaru keiho
出版元 成文堂
刊行年月 1999.11
ページ数 191p
大きさ 26cm
ISBN 4792315085
NCID BA36263038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想