韓国人とつきあう法

大崎正瑠 著

日韓両国は長い間、お互いの実像をよく知らないまま、相手を知っていると「錯覚」してきた。本書では、主に「対人レベル」に焦点を合わせ、日本人と韓国人が対面するときに、双方どんなことを念頭に置くべきかを考える。宗教観・血縁観・職業観の相違から、精神構造・言語・ふるまいまで、具体例をふんだんに取り上げながら、両国民の共通点と相違点を徹底的に洗い出す。ビジネスに旅行に必携の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日韓の相違と特質
  • 第2章 つきあう前に考慮しておくこと
  • 第3章 言語によるコミュニケーション
  • 第4章 言語を超えたコミュニケーション
  • 第5章 実際の場面で留意すること
  • 第6章 今後の真の理解のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国人とつきあう法
著作者等 大崎 正瑠
書名ヨミ カンコクジン ト ツキアウ ホウ
書名別名 Kankokujin to tsukiau ho
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.6
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 4480057609
NCID BA36259631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想