スペインの社会

壽里順平, 原輝史 編

伝統的価値観は崩壊したが、「友人至上主義」は根強く残る。民主主義が定着して、「当たり前のヨーロッパ」に近づいたスペインの現実を探る。南欧型社会からの脱皮をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 スペインを定点観測する
  • 2章 価値観の変容
  • 3章 住まいと風土
  • 4章 多言語国家と言語の共存
  • 5章 南欧型社会からの脱皮
  • 6章 映画からみたスペイン社会
  • 7章 カタルニアの大地とアントニ・ガウディ
  • 8章 歴史からみたスペイン社会の特質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スペインの社会
著作者等 原 輝史
寿里 順平
書名ヨミ スペイン ノ シャカイ : ヘンヨウスル ブンカ ト デントウ
書名別名 変容する文化と伝統

Supein no shakai
シリーズ名 Waseda libri mundi 28
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 1998.5
ページ数 197p
大きさ 21cm
ISBN 4657985264
NCID BA36147911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99037048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想