楽しい婦人学級 : ともに学ぶ婦人のために

婦人学級研究会 編

[目次]

  • 目次
  • 婦人学級の沿革と現状
  • 一 人為的なものと自然発生的なもの / 11
  • 二 婦人会の発生 / 12
  • 三 婦人会の発展 / 14
  • 四 婦人教養施設 / 17
  • 五 母親学級 / 18
  • 六 婦人教育に対する考え方 / 19
  • 七 婦人学級を特色づけたもの / 21
  • 八 事務担当者会議 / 23
  • 九 婦人学級の委嘱 / 24
  • 十 婦人学級を促進したそのほかのもの / 26
  • 十一 婦人学級の現状と婦人会との関係 / 27
  • 十二 婦人学級の成果 / 30
  • 婦人学級の性格
  • 一 婦人学級の教育の目標と学習形態 / 34
  • 二 持続的な学習の場 / 37
  • 三 婦人学級は成人学習 / 40
  • 婦人学級の編成と開設
  • 一 婦人学級の特色 / 44
  • 二 婦人学級の開設者 / 46
  • 三 編成のねらいと対象 / 49
  • 四 等質集団と異質集団 / 55
  • 五 学習計画のたて方 / 56
  • 婦人学級のタイプ
  • 一 学習の開設主体によるわけ方 / 64
  • 二 学級の組織構成によるわけ方 / 66
  • 三 学習内容によるわけ方 / 74
  • 婦人学級の学習と内容
  • 一 婦人学級は何のためにあるのか / 77
  • 二 教養をつむための学習はどうしたらよいか / 81
  • 三 何をまなんだらよいか / 83
  • 四 婦人学級の例 / 84
  • 五 婦人学級の展開 / 91
  • 六 公民館の充実 / 104
  • 婦人学級の学習のすすめ方
  • 一 学習計画をたてる立場 / 110
  • 二 学習方法のいろいろ / 112
  • 三 学習計画の編成と運び / 127
  • 婦人学級における学習と実践
  • 一 学習および実践における課題 / 132
  • 婦人学級の学習の評価
  • 一 婦人学級のあり方 / 155
  • 二 婦人の公徳心 / 158
  • 三 まとめ / 162
  • 婦人学級の指導者の発見と養成
  • 一 ひとりの一〇〇歩よりも一〇〇人の一歩 / 163
  • 二 指導者の意味 / 165
  • 三 企画委員会 / 167
  • 四 運営委員会 / 168
  • 五 司会者 / 170
  • 六 指導性とは / 173
  • 七 講師・助言者 / 174
  • 八 指導者の養成 / 176
  • 婦人学級の経費と施設
  • 一 婦人学級に要する経費の概況 / 179
  • 二 施設利用の現状 / 187
  • 婦人学級と他の団体・グループ・機関との関係
  • 一 婦人学級との関係 / 190
  • 二 婦人学級と各種団体との関連をいかにとらえるか / 193
  • 三 婦人学級と各種グループとの関係をいかにとらえるか / 201
  • 四 婦人学級と諸機関との関連をいかにとらえるか / 210

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 楽しい婦人学級 : ともに学ぶ婦人のために
著作者等 婦人学級研究会
書名ヨミ タノシイ フジン ガッキュウ : トモニ マナブ フジン ノ タメニ
シリーズ名 リビングブックス
出版元 文教書院
刊行年月 1963
ページ数 215p
大きさ 17cm
NCID BA36141019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63008690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想