在宅看護の実践 : ケアの資質を問う

橋本和子 編著 ; 田中美保 ほか著

人間の尊厳について、わかりやすく述べている。在宅看護実践例が明快に述べられており、学生の在宅看護実習のよきリーダーとなっている。人間としての基本の追究を常に心掛けて述べている。日常生活の自由度が減少した人々、特に老人に対する考え方、対応の仕方について、詳しく述べている。在宅看護には公式はなく、変幻自在に考え、実行していく重要性について述べている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ライフサイクルにおける老年期とは
  • 第2章 在宅看護の成り立ち
  • 第3章 在宅看護過程とその視点
  • 第4章 在宅看護過程の実際
  • 第5章 在宅看護者の資質として問いたいこと-そこから看護が始まる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在宅看護の実践 : ケアの資質を問う
著作者等 橋本 和子
田中 美保
宮本 友義
田村 美智
豊田 澄子
書名ヨミ ザイタク カンゴ ノ ジッセン : ケア ノ シシツ オ トウ
出版元 メディカ
刊行年月 1998.6
ページ数 154p
大きさ 26cm
ISBN 4895737306
NCID BA36121805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想