中国漢字紀行

阿辻哲次 著

馬王堆漢墓、秦国の石鼓、甲骨文字の発見された殷墟、そして最古の字書『説文解字』の話など、漢字文化史上欠くことのできない遺跡や文物をめぐって、ユニークな体験や興味深いエピソードが語られる。気鋭の漢字研究者が、漢字とその故郷・中国への熱き思いをつづった好エッセー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二十年ぶりの馬王堆
  • 第2章 故宮にて石鼓を見る
  • 第3章 甲骨文字を見にいこう
  • 第4章 段玉裁の墓に参る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国漢字紀行
著作者等 阿辻 哲次
書名ヨミ チュウゴク カンジ キコウ
シリーズ名 あじあブックス 4
出版元 大修館書店
刊行年月 1998.6
ページ数 203p
大きさ 19cm
ISBN 4469231444
NCID BA36117670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99009426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想