詩経雅頌  1

白川静 訳注

「洋洋乎として耳に盈てる」古代歌謡『詩経』三百五篇。民衆の歌謡「国風」につづいて貴族社会で舞楽に用いられた「雅」と宮廷で静かに歌われた「頌」一百四十五篇の流麗詳細な訳注。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 詩経雅頌について
  • 小雅(鹿鳴の什
  • 南有嘉魚の什
  • 鴻〓の什
  • 節南の什
  • 谷風の什
  • 甫田の什
  • 魚藻の什)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩経雅頌
著作者等 白川 静
書名ヨミ シキョウ ガショウ
シリーズ名 詩経
東洋文庫
巻冊次 1
出版元 平凡社
刊行年月 1998.6
ページ数 338p
大きさ 18cm
ISBN 458280635X
NCID BA36112757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99027145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想