必携古代史ハンドブック

大塚初重, 吉村武彦 編

三角縁神獣鏡は卑弥呼の鏡か、古墳の被葬者は誰か、古代史の扉を開く。考古学からなにがわかる?現地説明会、カルチャーセンターなど古代史を学ぶ人のために、最新成果をわかり易く紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 考古学と現代
  • 第2章 日本列島における農耕社会の始まり
  • 第3章 弥生文化の東・西・南・北
  • 第4章 考古学からみた邪馬台国
  • 第5章 前方後円墳の成立
  • 第6章 大和王権の成立
  • 第7章 四〜五世紀における中国・朝鮮と倭国
  • 第8章 倭国王武(ワカタケル)の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 必携古代史ハンドブック
著作者等 吉村 武彦
大塚 初重
書名ヨミ ヒッケイ コダイシ ハンドブック
書名別名 Hikkei kodaishi handobukku
出版元 新人物往来社
刊行年月 1998.6
ページ数 345p
大きさ 19cm
ISBN 4404026188
NCID BA36070544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想