消されたアイヌ地

堀内光一 著

日本政府・北海道庁に挑む「アイヌ父子」二代の執念のたたかい-。アイヌ共有地継承者と一人のフリージャーナリストの闘いが、国家と北海道庁によるアイヌ地収奪の偽瞞を暴く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ポンモシリ(小島)周辺(「波浪により皆無」
  • 袋小路での暮らし
  • 謎めく「国有地」の存在)
  • 深い谷(従属の学校
  • アイヌ神楽)
  • 惑乱の行政者たち(「国有地」の根拠は何か
  • 日の丸との闘い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消されたアイヌ地
著作者等 堀内 光一
書名ヨミ ケサレタ アイヌチ
出版元 三一書房
刊行年月 1998.4
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 4380982394
NCID BA36030346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99007958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想