記号学とは何か : メッセージと信号

ルイ・プリエート 著 ; 丸山圭三郎 訳

「記号学」は、ソシュールのもとで生まれたと言われる。それは、「恣意的に決定された価値をとりあつかう科学」であり、言語学よりはさらに広範な、人間の用いる記号体系の総体を研究することを任務とする、いわば新しい人間科学、文化学への道を示唆するものである。記号学を代表する学者としては、ロラン・バルトとともにプリエートの名を挙げねばなるまい。本書は、その基本的な原理と検証の見事な結実である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 人間と信号
  • 第1部 機能(記号行為
  • 指示のメカニズム
  • 記号表現クラス、記号内容クラス、統合記号、コード
  • 記号行為の成功と失敗
  • 関与的特徴
  • 記号内容クラス群および記号表現クラス群のあいだに見られる論理的関係)
  • 第2部 経済性(コストに関する経済性
  • 量に関する経済性)
  • 第3部 記号の系統学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記号学とは何か : メッセージと信号
著作者等 Prieto, Luis J
丸山 圭三郎
Prieto Luis J.
プリエート ルイ・J.
書名ヨミ キゴウガク トワ ナニカ : メッセージ ト シンゴウ
書名別名 Messages et signaux
出版元 白水社
刊行年月 1998.6
版表示 新装復刊.
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 4560024103
NCID BA36007038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99008649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想