メフメト二世

アンドレ・クロー 著 ; 岩永博 [ほか]訳

コンスタンティノープル征服してビザンツ帝国(東ローマ帝国)に永遠の終焉をもたらし、オスマン帝国の基礎を確立した征服王メフメト二世の伝記。15世紀のキリスト教徒にとっては悪の権化・サタンの軍隊の帝王であり、過去現在のトルコ人にとっては戦略家にして天才的組織者、知識人にして人文主義者であったこの人物の生涯と業績をあとづけ、その政治的理念と強烈な個性を、時代的背景を探りつつ生き生きと描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 青年スルタンの二度の即位
  • 第2章 コンスタンティノープルの征服
  • 第3章 勝つことと支配すること
  • 第4章 対ヴェネツィア戦争と帝国の知的再建
  • 第5章 各国を次々に征服
  • 第6章 トルコの平和
  • 第7章 挫折と死
  • 第8章 王子の受難

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メフメト二世
著作者等 Clot, André
岩永 博
Clot Andr'e
井上 裕子
佐藤 夏生
新川 雅子
クロー アンドレ
書名ヨミ メフメト ニセイ : トルコ ノ セイフク オウ
書名別名 Mehmed 2

トルコの征服王
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.6
ページ数 406, 38p
大きさ 20cm
ISBN 458802194X
NCID BA36005939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想