もの忘れは「ぼけ」の始まりか

宇野正威 著

人の名前が思い出せない、大切なものをどこにしまったか忘れてしまう-年をとれば誰でも気になる「もの忘れ」。「もの忘れ」はなぜ起こるのか?「もの忘れ」がひどくなると、「ぼけ」につながるのか?本書は、「もの忘れ外来」で「ぼけ」の早期診断と治療にあたる著者が、このような疑問や不安にやさしく答える一冊。脳と記憶のしくみや、いまや「ぼけ」の代名詞ともなりつつあるアルツハイマー型痴呆に関する最新事情などもコンパクトに解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 もの忘れとは何か
  • 第1章 もの忘れはなぜ起きるのか
  • 第2章 もの忘れは痴呆につながるのか
  • 第3章 アルツハイマー型痴呆とは何か
  • 第4章 アルツハイマー型痴呆の診断と治療
  • 第5章 記憶のしくみ
  • 終章 もの忘れは防げる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もの忘れは「ぼけ」の始まりか
著作者等 宇野 正威
書名ヨミ モノワスレ ワ ボケ ノ ハジマリ カ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1997.12
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 4569557864
NCID BA3599529X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98060127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想