近代科学の終焉

北沢方邦 著

本書はホーキング、ペンローズら、近代科学をこえた先端科学の成果をふまえ人文社会科学の知的革命を企図し、自然科学と人文科学の区分けに無効を宣言する。脱近代の知を展望する構造人類学の第一人者による問題の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 「危険な道」
  • 第1章 近代の知の終焉
  • 第2章 記述言語の解体
  • 第3章 近代的リアリティの消失
  • 第4章 近代理性の破産
  • 第5章 近代的世界像との訣別
  • 結論 脱近代の知を探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代科学の終焉
著作者等 北沢 方邦
書名ヨミ キンダイ カガク ノ シュウエン
出版元 藤原書店
刊行年月 1998.5
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4894341018
NCID BA35960160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99008247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想