芥川龍之介の基督教思想

河泰厚 著

[目次]

  • 目次 / p1
  • 序章 / p3
  • 一 芥川龍之介における<切支丹物>と<キリスト教物> / p3
  • 二 キリスト教作品における研究史 / p10
  • 第一章 キリスト教への関心 / p20
  • 『老狂人』『基督に関する断片』 / p20
  • 第二章 悪魔と<悪>なるもの / p34
  • 『煙草と悪魔』『悪魔』『るしへる』『さまよへる猶太人』/『報恩記』 / p34
  • 第三章 殉教と棄教 / p66
  • 『奉教人の死』/『尾形了斎覚え書』『おぎん』 / p66
  • 第四章 愚人への憧憬 / p97
  • 『きりしとほろ上人伝』/『じゆりあの・吉助』/『南京の基督』 / p97
  • 第五章<信>への批判 / p138
  • 『黒衣聖母』/『おしの』/『糸女覚え書』 / p138
  • 第六章 キリスト教と日本の風土 / p173
  • 『邪宗門』/『神神の微笑』『長崎小品』 / p173
  • 第七章<罪>の認識 / p203
  • 『誘惑』/『歯車』 / p203
  • 第八章 キリストへの凝視 / p234
  • 『西方の人』 『続西方の人』 『闇中問答』 / p234
  • 終章 / p269

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 芥川龍之介の基督教思想
著作者等 河 泰厚
書名別名 芥川 龍之介 基督教 思想

Akutagawa ryunosuke no kirisutokyo shiso
出版元 翰林書房
刊行年月 1998.5
ページ数 358p
大きさ 20cm
ISBN 4877370374
NCID BA35944980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99112036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想