破産法

櫻井孝一, 加藤哲夫 編

破産法の全体像を新進気鋭の研究者・実務家が立体的・体系的に解説。重要論点については「解題」欄を設け、判例・学説の状況を明らかにしつつ、著者独自の見解も披露するなど、理論書としての水準を誇り、読み手に破産法の今日的問題を意識させる新しいタイプの教科書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 倒産と破産手続
  • 第2章 破産手続の開始
  • 第3章 破産財団と破産者の法律関係
  • 第4章 破産債権
  • 第5章 破産債権者と相殺
  • 第6章 別除権・取戻権:第7章 財団債権
  • 第8章 否認権
  • 第9章 破産手続の終了
  • 第10章 手続の移行
  • 第11章 免責および復権
  • 第12章 取引活動の国際化と倒産
  • 第13章 破産犯罪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 破産法
著作者等 加藤 哲夫
桜井 孝一
書名ヨミ ハサンホウ
書名別名 Hasanho
シリーズ名 現代法講義
出版元 青林書院
刊行年月 1998.5
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 4417011419
NCID BA35927766
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99003206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想