ギリシア文学概説

ジャクリーヌ・ド・ロミイ 著 ; 細井敦子, 秋山学 訳

ホメーロスからキリスト教文学まで、時代の大きな潮流の中に作家と作品を位置づけながら、それぞれの作品が時代をこえて読む者を感動させるその美しさの普遍性を説き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ホメーロス
  • 第2章 アルカイック期
  • 第3章 前五世紀初頭-歴史と悲劇の誕生
  • 第4章 前五世紀後半における演劇-ソフォクレース、エウリーピデース、アリストファネース
  • 第5章 前五世紀後半のアテーナイにおける新しい思潮
  • 第6章 前四世紀におけるアッティカの弁論術
  • 第7章 政治と歴史に関する省察-イソクラテースとクセノフォーン
  • 第8章 前四世紀の哲学者たち-プラトーンとアリストテレース
  • 第9章 ヘレニズム時代
  • 第10章 ローマ時代概観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア文学概説
著作者等 Romilly, Jacqueline de
秋山 学
細井 敦子
de Romilly Jacqueline
ド・ロミイ ジャクリーヌ
書名ヨミ ギリシア ブンガク ガイセツ
書名別名 Précis de littérature grecque

Girishia bungaku gaisetsu
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 601
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.5
ページ数 434, 34p
大きさ 20cm
ISBN 4588006010
NCID BA35890837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想