アメリカ家電産業の経営史 : 国際競争のダイナミズム

大貝威芳 著

かつて、日本家電メーカーにとって特許を支配するRCMは"神様"のような存在であり、GEは"巨人"でもあった。ゼニスは高品質の象徴であり、マグナボックスは音の権威であった。本書は、これら戦後の世界の家電産業を支配していたアメリカ企業がなぜ姿を消したのかを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 米国家電産業の軌跡
  • 第1章 『賭の経営』の終焉-RCAのケース
  • 第2章 保守主義の経営-ゼニスのケース
  • 第3章 部分売却戦略の意義-モトローラのケース
  • 第4章 ビジョンなき中堅企業の没落-マグナボックス、シルバニア、フィルコのケース
  • 第5章 コア・コンピタンスなき経営-GE家電部門撤退のケース
  • 第6章 多国籍企業の子会社コントロール-フィリップスのアメリカ経営
  • 第7章 米国家電産業の多国籍化-メキシコ・マキラドーラへの進出

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ家電産業の経営史 : 国際競争のダイナミズム
著作者等 大貝 威芳
書名ヨミ アメリカ カデン サンギョウ ノ ケイエイシ : コクサイ キョウソウ ノ ダイナミズム
出版元 中央経済社
刊行年月 1998.4
ページ数 163p
大きさ 22cm
ISBN 4502346055
NCID BA35882260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99000962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想