西田哲学選集  第4巻

西田幾多郎 著 ; 上田閑照 監修 ; 大橋良介, 野家啓一 編

西田哲学に見る現象学の新地平。本巻は西田幾多郎がフッサール、ベルクソン、ハイデッガー、等との批判的対決を通して切り開いた現象学的思惟の地平を一望し、解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『自覚に於ける直観と反省』抄
  • 2 直接に与えられるもの
  • 3 働くもの
  • 4 場所
  • 5 叡智的世界
  • 6 私の絶対無の自覚的限定というもの
  • 7 論理と生命
  • 8 行為的直観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西田哲学選集
著作者等 上田 閑照
大橋 良介
西田 幾多郎
野家 啓一
書名ヨミ ニシダ テツガク センシュウ
書名別名 「現象学」論文集
巻冊次 第4巻
出版元 燈影舎
刊行年月 1998.5
ページ数 457p
大きさ 22cm
ISBN 4924520659
NCID BA35876789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99041287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「現象学」論文集 大橋 良介
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想