日本人の発想、日本語の表現 : 「私」の立場がことばを決める

森田良行 著

本書は、豊富な実例を引用しながら、日本人の思考様式と日本語の姿や表現との関わりを探る試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 発話の場面、発せられる表現-なぜ客観的叙述が取りにくいのか
  • 2 「私」中心の視点-日本語的な内と外とは何か
  • 3 対人意識に基づく表現-人間関係がどう言葉に現れるか
  • 4 日本語の情意性と文学-対象把握に現れる表現者の心
  • 5 受身的発想に基づく言葉-受身で客観性をどう示すか
  • 6 「成り行き」の論理-他力的発想と近視眼的思考
  • 7 会話の論理と表現の論理-場面即応型言語の立脚点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の発想、日本語の表現 : 「私」の立場がことばを決める
著作者等 森田 良行
書名ヨミ ニホンジン ノ ハッソウ ニホンゴ ノ ヒョウゲン : ワタクシ ノ タチバ ガ コトバ オ キメル
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1998.5
ページ数 241p
大きさ 18cm
ISBN 4121014162
NCID BA35866275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99018841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想