物語ドイツの歴史 : ドイツ的とはなにか

阿部謹也 著

ヨーロッパ連合が結成され、国境線が事実上の意味を失いつつある現在、その進捗はドイツにどのような変化をもたらすのだろうか。ドイツの誕生から今日にいたる歴史に、「ドイツ的」とは何かを思索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドイツ史の始まり
  • 叙任権闘争の時代
  • 個人の誕生
  • 神聖ローマ帝国
  • 中世末期の苦悩
  • 宗教改革の波
  • 一五・一六世紀の文化と社会
  • 領邦国家の時代
  • 三十年戦争の結末
  • ゲーテの時代〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語ドイツの歴史 : ドイツ的とはなにか
著作者等 阿部 謹也
書名ヨミ モノガタリ ドイツ ノ レキシ : ドイツテキ トワ ナニカ
書名別名 Monogatari doitsu no rekishi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1998.5
ページ数 345p
大きさ 18cm
ISBN 4121014200
NCID BA35865443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99018842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想