ポストモダンの政治と宗教

土屋恵一郎 著

[目次]

  • 第1章 近代の不寛容(食卓の上の宗教
  • 死への植民地主義
  • 究極の多様体としての個人)
  • 第2章 「他者」の学習(信仰のなかでの死
  • 信仰の共同体と「自己決定」
  • カズイスティックな生き方)
  • 第3章 多様性の倫理学(1855年のJ・S・ミル
  • モルモン教と多文化主義)
  • 第4章 「受胎告知」の政治学(コルトーナに立てと…
  • 「受胎告知」からの離脱
  • プライヴァシーの権利から共生の場所への移行)
  • 第5章 ポストモダンの寛容論(埼玉のモスク
  • 文化主張権(カルチュラル・ライト)と個人主義
  • モダンからポストモダンへ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポストモダンの政治と宗教
著作者等 土屋 恵一郎
書名ヨミ ポストモダン ノ セイジ ト シュウキョウ
シリーズ名 叢書現代の宗教 12
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.5
ページ数 174p
大きさ 19cm
ISBN 4000260820
NCID BA3584068X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想