生殖異変 : 環境ホルモンの反逆

井口泰泉 著

次々見つかる野生動物の性の異変。ヒトの精子数の半減、乳ガン・子宮ガンの増加。ほ乳ビンやカップ麺からも環境ホルモンが…人間が大量に生み出した合成化学物質が反逆を開始した。日本では一体どうなっているのか。「環境ホルモン」の名づけ親、日本における研究の第一人者が放つ衝撃のオリジナル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界に広がる環境ホルモンの衝撃(女性ホルモンによるガンの誘発
  • 『沈黙の春』から『奪われし未来』へ ほか)
  • 2 環境ホルモンとはそもそも何か(ホルモンとは何か
  • 体を一定に保つホルモンの働き ほか)
  • 3 野生動物にあらわれた生殖の異常(増える雌雄同体の魚
  • ペニスの異常に小さいワニ ほか)
  • 4 環境ホルモンと人類・地球(乳ガン、精巣ガンの増加は何を示すか
  • 精子の半減は環境ホルモンの影響か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生殖異変 : 環境ホルモンの反逆
著作者等 井口 泰泉
書名ヨミ セイショク イヘン : カンキョウ ホルモン ノ ハンギャク
書名別名 Seishoku ihen
出版元 かもがわ
刊行年月 1998.5
ページ数 111p
大きさ 21cm
ISBN 4876993882
NCID BA3583738X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99029315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想