精神分析的心理療法の手引き

鑪幹八郎 監修 ; 一丸藤太郎, 名島潤慈, 山本力 編著

本書は、現在わが国で広く用いられている精神分析的心理療法について、対人関係学派の立場から検討を加え、まとめあげた実践的な手引き書である。第一線で活躍中の著者たちが、心理臨床経験を通して得た知恵とコツを、基礎概念や技法、訓練・研修の問題まで、幅広い領域にわたって具体的に披露する。心理臨床の初級段階を卒業した人たち、従来の教科書的知識にあきたらない人たちに必携の一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 精神分析的心理療法の現在
  • 第2章 心理療法の基本概念の再考
  • 第3章 探索的な介入技法の基礎
  • 第4章 初期面接と心理力動的アセスメント
  • 第5章 面接中期から終結まで
  • 第6章 人生の形成期の特徴と技法
  • 第7章 人生の最盛期の課題と技法
  • 第8章 人生の統合期の課題と技法
  • 第9章 精神病理の力動的理解と対応
  • 第10章 夢の臨床的技法
  • 第11章 特別な事態への対処
  • 第12章 スーパーヴィジョン、事例検討会、個人分析
  • 第13章 精神分析的心理療法の日本的特徴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析的心理療法の手引き
著作者等 一丸 藤太郎
名島 潤慈
山本 力
鑪 幹八郎
鑢 幹八郎
書名ヨミ セイシン ブンセキテキ シンリ リョウホウ ノ テビキ
書名別名 Seishin bunsekiteki shinri ryoho no tebiki
出版元 誠信書房
刊行年月 1998.5
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 4414401844
NCID BA35828946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99005905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想