<病気>の誕生 : 近代医療の起源

児玉善仁 著

中世イタリアの医療と患者の関係は「治療契約」に規定され、しかも医師には治癒させることが義務づけられていた。もともと医師は卑賤な職業とみなされていた…。このように、現代の「常識」とはおよそ異なる医学・医療の実態はどのようなものだったのか。また中世の人々の「病気」や「医療」に対する観念はいかなるものだったか。大学に「医学部」が誕生して医学の専門化が起こり、やがて継続的な治療を施す「病院」が成立する過程を追いながら、近代的な医学・医療の起源を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 病気のイメージ
  • 序章 「治療契約」の精神
  • 1章 世俗医師の誕生-慈善から職業へ
  • 2章 医療契約の社会的意義
  • 3章 病気の中世的イメージ
  • 4章 新しい「病気」の誕生-「医学部」と医学の成立
  • 5章 専門職としての内科医階層
  • 6章 新しいイメージの認定と統制-医師組合と「医学部」
  • 7章 新しいイメージの制度的構造化-近代的病院の成立
  • 終章 「病気」の成立と「診断報酬」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <病気>の誕生 : 近代医療の起源
著作者等 児玉 善仁
書名ヨミ ビョウキ ノ タンジョウ : キンダイ イリョウ ノ キゲン
シリーズ名 平凡社選書 177
出版元 平凡社
刊行年月 1998.5
ページ数 290p
大きさ 20cm
ISBN 4582841775
NCID BA35812753
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99021760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想