政治哲学の復権

寺島俊穂 著

政治哲学は、政治社会の在り方の探求と政治的事象の本質を掴むことである。本書は、6人の代表的政治哲学者の思索を読み解く中から、20世紀の政治的経験を歴史的・哲学的パースペクティヴから解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 政治哲学とは何か
  • 第1章 ハンナ・アレント-政治の意味
  • 第2章 レオ・シュトラウス-自然の陶治
  • 第3章 エリック・フェーゲリン-実存の精神的次元
  • 第4章 カール・ポパー-開かれた精神と開かれた社会
  • 第5章 マイケル・オークショット-保守主義と政治
  • 第6章 ジョン・ロールズ-正義論の射程
  • 終章 政治哲学の再構成のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政治哲学の復権
著作者等 寺島 俊穂
書名ヨミ セイジ テツガク ノ フッケン : アレント カラ ロールズ マデ
書名別名 アレントからロールズまで
シリーズ名 Minerva21世紀ライブラリー 41
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1998.5
ページ数 284, 49p
大きさ 20cm
ISBN 4623028542
NCID BA35809996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99003740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想