太宰治

細谷博 著

波乱に富んだ人生を送った太宰治は没後五十年を迎える。多くの、特に若い読者を引きつけ続けた作品群は、いま私たちに何を問いかけるのか。『女生徒』『斜陽』等の多様な「語り」の魅力、『お伽草紙』『人間失格』などに響く人間賛歌を、誠実な「読み」から導き、確かな構成力と洒脱な精神を併せ持った作家・太宰の姿を、時代を追って描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 いま太宰を読むこととは
  • 第1章 作家・太宰治の誕生まで
  • 第2章 生きて行くために、書く
  • 第3章 「美談」の造形
  • 第4章 動く「私」
  • 第5章 戦時下の自在
  • 第6章 元気な女たちと「父」
  • 第7章 さらなる人間悲喜劇へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太宰治
著作者等 細谷 博
書名ヨミ ダザイ オサム
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.5
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4004305608
NCID BA35801509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想