エイズ研究の歴史

ベルナール・セイトル 著 ; 塚田隆 訳

本書はHIVウイルス発見に至るまでの経過やエイズ試薬の特許権をめぐる争いなどといった歴史的事項のほか、さらには精神面でのケアの問題までをも詳しく解説している。薬害エイズ問題のための基本文献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 疾患の確認におけるウイルスの起源
  • 第2章 研究の第1歩-1982年
  • 第3章 新しいウイルスの発見-1983年
  • 第4章 エイズの原因の確認-1984年
  • 第5章 ロバート・ギャロの研究をめぐる論戦
  • 第6章 既知と未知の論争
  • 第7章 研究予算と研究方法-エイズの社会現象の特徴
  • 第8章 研究の進歩と限界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エイズ研究の歴史
著作者等 Seytre, Bernard
塚田 隆
セイトル ベルナール
書名ヨミ エイズ ケンキュウ ノ レキシ
書名別名 Histoire de la recherche sur le SIDA

Eizu kenkyu no rekishi
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1998.5
ページ数 186, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4560058032
NCID BA35776503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99006589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想