脳と心の量子論 : 場の量子論が解きあかす心の姿

治部眞里, 保江邦夫 著

心の本体に物理学で迫れるのか!?いっしょに仮想宇宙船エルヴィン号に乗って脳の組織を探検する冒険旅行に出かけましょう。量子場悩理論を武器にしたあなたが目にする心の本体は、記憶を蓄えた脳組織から絶え間なく生み出される光量子の凝集体。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 結論(まえがきにかえて)
  • 古代の英知に学ぶ
  • デカルトの考えた記憶のからくり
  • ミクロの決死圏
  • 原子をのぞいて見ると
  • 分子の成り立ち
  • 水の旅人
  • 水とミッキー場
  • 量子の世界から生還した猫
  • 貴公子ルイ・ド・ブロイ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と心の量子論 : 場の量子論が解きあかす心の姿
著作者等 保江 邦夫
治部 真里
保江 邦男
治部 真理
書名ヨミ ノウ ト ココロ ノ リョウシロン : バ ノ リョウシロン ガ トキアカス ココロ ノ スガタ
書名別名 No to kokoro no ryoshiron
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1998.5
ページ数 263p
大きさ 18cm
ISBN 4062572168
NCID BA35775329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99006590
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想