インターコース : 性的行為の政治学

アンドレア・ドウォーキン 著 ; 寺沢みづほ 訳

「自由なる性愛」の神話を破壊する。女性にとってセックスとは何か?愛と共有と恍惚の行為か、父権制社会が捏造した権力装置か。現代アメリカを代表するフェミニストが、性行為の実態と古今東西の性描写を分析し、性交がもたらす差異化の真実を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 男性が作りあげた世界の中でのセックス(嫌悪
  • 皮膚の喪失
  • 烙印
  • 共有
  • 所有)
  • 第2部 女の状況(処女性
  • 占領と結託)
  • 第3部 権力・身分・憎悪(法律
  • 汚れと死)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターコース : 性的行為の政治学
著作者等 Dworkin, Andrea
寺沢 みづほ
ドウォーキン アンドレア
書名ヨミ インターコース : セイテキ コウイ ノ セイジガク
書名別名 Intercourse
出版元 青土社
刊行年月 1998.5
版表示 新版.
ページ数 337, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4791756258
NCID BA35755070
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想