日本古代の医療制度

丸山裕美子 著

日本古代史研究にとって、唐令の復原と日・唐律令の比較研究とは、欠くことのできない課題である。著者は、医疾令を中心に、実証的にこの課題に取り組み、覚醒すべき成果を上げている。本書は、この医疾令を中心とする唐令の復原と日・唐律令の比較研究をはじめ、正倉院文書、木簡・漆紙文書などを駆使して、日本古代の医療・医薬制度を追究し、さらに屠蘇の習俗、日・唐の年中行事、節日・休暇、地方教育上の教科書までを究明している。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 日唐医疾令の復原と比較
  • 第2章 天皇の薬(合和御薬条)
  • 第3章 医針生の教科書(医針生受業条)
  • 第4章 年料雑薬の貢進と官人の薬(諸国輸薬条・五位以上病患条)-藤原宮出土の薬物木簡
  • 第5章 写経生の病気と治療-請暇解・不参解と薬物請求文書
  • 第6章 天平宝字2年の詔と酒と「薬」
  • 第7章 供御薬儀の成立-屠蘇を飲む習俗
  • 第8章 仮寧令と節日-律令官人の休暇
  • 終章 『医心方』の世界へ-天平9年の典薬寮勘文と太政官符
  • 付論(唐と日本の年中行事
  • 日本古代の地方教育と教科書)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序言 本書の構成 / p1
  • 第一章 日唐医疾令の復原と比較 / p1
  • 序 / p2
  • 一 唐医疾令の復原 / p4
  • 二 養老医疾令の復原と条文配列 / p12
  • 三 日唐医疾令の比較 / p18
  • 結語 / p28
  • 第二章 天皇の薬(合和御薬条) / p41
  • 序 / p42
  • 一 養老医疾令合和御薬条の復原 / p43
  • 二 唐医疾令合和御薬条との比較 / p47
  • 三 合薬に関る日唐両律の比較 / p51
  • 結語 / p56
  • 第三章 医針生の教科書(医針生受業条)-多賀城出土の医書断簡漆紙文書- / p67
  • 一 出土状況及び形状 / p68
  • 二 文書内容の検討 / p70
  • 三 『集験方』の伝来及び廃棄 / p75
  • 四 意義 / p79
  • 第四章 年料雑薬の貢進と官人の薬(諸国輸薬条・五位以上病患条)-藤原宮出土の薬物木簡- / p83
  • 序 / p84
  • 一 荷札・付札 / p86
  • 二 薬物請求・受領書(処方書) / p93
  • 結語 / p100
  • 第五章 写経生の病気と治療-請暇解・不参解と薬物請求文書- / p103
  • 一 請暇解にみる写経生の病と治療 / p104
  • 二 薬物請求文書にみる医療水準 / p109
  • 第六章 天平宝字二年の詔と酒と「薬」 / p119
  • 第七章 供御薬儀の成立-屠蘇を飲む習俗- / p145
  • 序 / p146
  • 一 供御薬儀の構造 / p147
  • 二 行事の由来 / p150
  • 三 供御薬儀の成立と展開 / p158
  • 結語 / p165
  • 第八章 假寧令と節日-律令官人の休暇- / p175
  • 序 / p176
  • 一 日唐假寧令第一条の比較 / p176
  • 二 唐令節日条の継受 / p188
  • 結語 / p198
  • 終章 『医心方』の世界へ-天平九年の典薬寮勘文と太政官符- / p211
  • 序 / p212
  • 一 典薬寮勘文 / p213
  • 二 太政官符 / p219
  • 付論I 唐と日本の年中行事 / p227
  • 一 律令国家と年中行事 / p228
  • 二 唐令節日条の継受と暦日意識の普及 / p233
  • 三 八・九世紀の年中行事 / p242
  • 四 唐と日本の年中行事 / p248
  • 付論II 日本古代の地方教育と教科書 / p253
  • 序 / p254
  • 一 大宰府出土の『魏徴時務策』習書木簡 / p254
  • 二 多賀城出土の医書断簡漆紙文書 / p264
  • 結語 / p269
  • 付録 本書で言及する主な医書一覧 / p277
  • あとがき / p291

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本古代の医療制度
著作者等 丸山 裕美子
書名ヨミ ニホン コダイ ノ イリョウ セイド
出版元 名著刊行会
刊行年月 1998.5
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4839003041
NCID BA3575298X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99065728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想