社会学的思考とはなにか

三溝信 著

[目次]

  • 第1部 社会学成立の前史(意志によって秩序づけられる世界-中世そしてマキャベッリ
  • 法によって秩序づけられる世界-ホッブスとロック
  • 市民社会の秩序-スミス ほか)
  • 第2部 成立期社会学(テクノクラートの社会設計図-コント
  • 社会の自己発展モデル-マルクス
  • 現存秩序の正当化-スペンサー)
  • 第3部 近代社会学の形成(社会学の近代化とはなにか
  • 形式の規制力-ジンメル
  • 意味の探究-ヴェーバー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学的思考とはなにか
著作者等 三溝 信
書名ヨミ シャカイガクテキ シコウ トワ ナニカ
出版元 有信堂高文社
刊行年月 1998.4
ページ数 282p
大きさ 21cm
ISBN 4842065516
NCID BA35743173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98090532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想