吉武利文 著

永遠のかぐわしい果実として日本の神話、伝説に特別の位置を占めて語り継がれた橘をめぐって、その育まれた風土とかずかずの伝承を探り、永遠を求めた古代人の世界観が時空を超えて日本文化の象徴として今日にまで伝えられた経緯を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神話・伝説と橘
  • 常世国と橘
  • 橘と天香久山
  • 空海を通してみる、かぐや姫と橘
  • 人名としての橘
  • 歌に詠まれた橘
  • 橘の意匠
  • 橘風土記
  • 柑橘類としての橘とその伝承

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 吉武 利文
書名ヨミ タチバナ
書名別名 Tachibana
シリーズ名 ものと人間の文化史 87
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.5
ページ数 278p
大きさ 20cm
ISBN 4588208713
NCID BA35710786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想