生命倫理の扉 : 生と死を考える

小松奈美子 著

臓器移植法が投げかける人間の生と死。医療現場に学ぶ、癌告知、ターミナル・ケア、脳死、人工授精…そして宗教の役割。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死をみつめる心
  • 第2章 揺れる心-生と死のはざまで
  • 第3章 "生"をめぐる選択
  • 第4章 死と宗教-その緊密なかかわり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命倫理の扉 : 生と死を考える
著作者等 小松 奈美子
書名ヨミ セイメイ リンリ ノ トビラ : セイ ト シ オ カンガエル
書名別名 Seimei rinri no tobira
出版元 北樹
刊行年月 1998.3
版表示 新版.
ページ数 171p
大きさ 19cm
ISBN 4893846558
NCID BA35677909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99041132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想