鈴木孝夫言語文化学ノート

鈴木孝夫 著

キラキラとギラギラなど清音・濁音の印象の違いを考察する"音韻交替と意義分化の関係について"、自分の呼称を「母」「わたし」などと使い分ける現象について論じた"親族名称による英語の自己表現と呼称"など、知的興奮にみちた主題を平易な文体でつづる。独自のスタイルで貫かれた著者の足跡をたどる論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の文化・日本の言語学(日本文化のしくみを理解することの難しさについて
  • 言語学の新たな出発
  • 日本語学はなぜ成立しなかったのか)
  • 第2部 生きた意味をつかまえる(意味と定義の関係について
  • 音韻交替と意義分化の関係について
  • ロシア語の語彙に関する2、3の覚え書 ほか)
  • 第3部 親族名称をめぐって(親族名称による英語の自己表現と呼称
  • テクノニミー(teknonymy)という概念について
  • トルコ語の親族用語に関する2、3の覚え書)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鈴木孝夫言語文化学ノート
著作者等 鈴木 孝夫
書名ヨミ スズキ タカオ ゲンゴ ブンカガク ノート
書名別名 Suzuki takao gengo bunkagaku noto
出版元 大修館書店
刊行年月 1998.4
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 4469212199
NCID BA35662173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99006759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想