大学授業の心得 : 数学の教え方をとおして

S.G.クランツ 著 ; 蓮井敏 訳

試験にオマケの点数を願いでる学生の扱い方から、板書のコツ、効果的な応用のしかたまで、一般論に陥ることなく、ユーモアをまじえ、生き生きと語りかけてくる大学授業の実践的ガイドブック。カンニング、賄賂、セクハラなど微妙な問題も取り上げられています。著者は数学の大学教師ですが、教える教科を問わず、初めて大学で教える教師には本書のアドバイスがきっと役立つでしょうし、経験を積んだ教師は教授法に磨きをかけるヒントを数多く見出すことができるはずです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 基本編(学生への敬意
  • 教師の心構え
  • 個人的な営み ほか)
  • 2章 実践編(声の使い方
  • 目と目を合わせる
  • 板書のしかた ほか)
  • 3章 難関編(英語が母国語でない教師
  • 課題提出の遅れ
  • 学生の不正行為 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学授業の心得 : 数学の教え方をとおして
著作者等 Krantz, Steven G.
Krantz, Steven George
蓮井 敏
Krantz Steven G.
クランツ S.G.
書名ヨミ ダイガク ジュギョウ ノ ココロエ : スウガク ノ オシエカタ オ トオシテ
書名別名 How to teach mathematics
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1998.5
ページ数 170p
大きさ 20cm
ISBN 4472300419
NCID BA35661986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99005420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想