民俗の思想

宮田登 編

[目次]

  • 民間学と民俗思想
  • 深層心意論
  • 民俗・風俗・殊俗-都市文明史としての「一国民俗学」
  • ユートピア論と民俗思想
  • 天皇・天皇制と民俗思想
  • 食文化の変容-高度経済成長前後
  • 語られる性・語られない性
  • 女性の休日
  • 震災二年目の地蔵盆-郊外仮設住宅と復興計画下の市街地から
  • 祭りと踊りの地域文化-地方博覧会とフォークロリズム〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民俗の思想
著作者等 宮田 登
書名ヨミ ミンゾク ノ シソウ
シリーズ名 現代民俗学の視点 / 篠原徹, 関一敏, 宮田登 編 第3巻
出版元 朝倉書店
刊行年月 1998.4
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 4254505132
NCID BA35659022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99000711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想