社会学感覚

野村一夫 著

本書は「脱領域の知性」であり「自己反省の科学」としての社会学の基礎的な考え方をわかりやすく解説するとともに、自我・アイデンティティ・役割現象・コミュニケーション・メディア・ジャーナリズム・うわさ・組織・家族・消費社会・宗教文化・音楽文化・自発的服従・スティグマ・暴力・薬害・医療といった現代社会のアクチュアルな諸問題を社会学的に解説。豊富な研究文献を紹介する。1992年発行の旧版に「ブックガイド・90年代の社会と社会学」全200枚を増補し、1990年代の社会学シーンを展望するとともに、新たにジェンダー論・環境問題・教育問題・社会構想論・国際社会学への研究案内を追加した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会学論-自己反省のための科学
  • 人間論-他者との関係の産物としての個人
  • コミュニケーション論-送り手ではなく受け手の第一次性
  • 集団論-人と人とのつながりの多層性
  • 文化論-記号消費時代の合理性と非合理性
  • 権力論-権力は身近な生活の場に宿っている
  • 社会問題論-だれにとって「問題」なのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学感覚
著作者等 野村 一夫
書名ヨミ シャカイガク カンカク
書名別名 The sociological sensitivity

Shakaigaku kankaku
出版元 文化書房博文社
刊行年月 1998.4
版表示 増補版.
ページ数 690p
大きさ 19cm
ISBN 4830108223
NCID BA3563303X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98091107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想