サルとヒトのエソロジー

糸魚川直祐, 南徹弘 共編

本書は、比較行動学研究の多様な発展の状況を追跡するために、ヒトと動物、サル類および人間に関連する研究を単に総説としてではなく、研究者各自の具体的な研究テーマやデータに即してできるだけ平易に表現し、比較行動学の今日の現状を学部学生や大学院生などにも理解できるようにまとめられたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 サル(社会的グルーミングの構造と機能
  • メスのフォロワーシップ
  • 近接関係に基づく集団の構造 ほか)
  • 第2部 サルとヒト(サルもヒトを観察する
  • 離乳と子の自立
  • 親子間のアタッチメントとその形成過程 ほか)
  • 第3部 ヒト(低出生体重児の母親行動
  • 学齢期における超低出生体重児の行動評定
  • 対人関係と表情表出
  • 知覚は変化する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サルとヒトのエソロジー
著作者等 南 徹弘
糸魚川 直祐
書名ヨミ サル ト ヒト ノ エソロジー
書名別名 Saru to hito no esoroji
出版元 培風館
刊行年月 1998.3
ページ数 244p
大きさ 21cm
ISBN 4563056170
NCID BA35621664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想