ネットワーキングー情報社会の経済学

林紘一郎 著

本書は現在起きている経済現象のうち、なんらかの意味でネットワークとして捉えられる事柄について、経済学および関連諸科学が答えられる限りの、回答を与えようとする試みである。動態的に、進化するものとして分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 NET+Work+ing
  • 第2章 QWERTYの謎-ネットワークの外部性
  • 第3章 相互接続-外部性の内部化
  • 第4章 互換性、標準化と制度-内部化を担保する技術と仕組み
  • 第5章 ユニバーサル・サービス-「効率」を通じた「公正」
  • 第6章 ネットワーク産業-共有地と公衆網の悲劇
  • 第7章 情報ハイウエイからインターネットへ-社会資本とは何か
  • 第8章 マルチメディア産業の市場構造-新しい枠組みを求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネットワーキングー情報社会の経済学
著作者等 林 紘一郎
書名ヨミ ネットワーキング ジョウホウ シャカイ ノ ケイザイガク
出版元 NTT
刊行年月 1998.4
ページ数 288p
大きさ 21cm
ISBN 4871885615
NCID BA35604097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98090467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想