探偵小説あるいはモデルニテ

ジャック・デュボア 著 ; 鈴木智之 訳

メグレやポアロのユートピアへ-探偵小説の社会学。文学かゲームか、多義的な世界を解読。ポー以来1世紀半の歴史を有する探偵小説は、近代人の「存在の不確定性」を土壌とするモダンの文化である。謎と疑い、手がかりと捜査のエクリチュールの問題性と可能性、またその深層に潜む現代的な「オイディプス神話」を透視する、注目の文化記号論的・文学制度論的考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史の統一性(ジャンルの誕生
  • 裁判小説対芸術小説
  • 近代的なるもの(ル・モデルヌ)の出現 ほか)
  • 第2部 形式の二面性(登場人物のシステム
  • コードとの戯れ
  • 疑いのエクリチュール ほか)
  • 第3部 三つのユートピアと一つのコンプレックス(ルールタビーユのユートピア
  • メグレのユートピア
  • ジャプリゾにおけるユートピア ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 探偵小説あるいはモデルニテ
著作者等 Dubois, Jacques
鈴木 智之
デュボア ジャック
書名ヨミ タンテイ ショウセツ アルイワ モデルニテ
書名別名 Le roman policier ou la modernité
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 605
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.5
ページ数 354, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4588006053
NCID BA35601703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想