都市と工業と流通

田中琢, 金関恕 編

日本最古の都市はどこか?吉野ケ里、池上曽根、唐古・鍵遺跡、飛鳥京…、最新の発掘成果から古代人のダイナミックな活動に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻頭座談会「都市と工業と流通」
  • 都市の出現
  • 弥生環溝集落と都市
  • 飛鳥京の都市性を探る
  • 地方都市の出現
  • 原始・古代の流通
  • 手工業と都市の発達
  • 銭貨の流通
  • 律令税制と流通
  • 古代国家と塩の流通
  • 古代の交通路
  • まとめと展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市と工業と流通
著作者等 田中 琢
金関 恕
書名ヨミ トシ ト コウギョウ ト リュウツウ
シリーズ名 古代史の論点 / 金関恕 ほか編 3
出版元 小学館
刊行年月 1998.5
ページ数 334p
大きさ 22cm
ISBN 4096265039
NCID BA35577722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99001362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想