イギリス支配とインド社会

粟屋利江 著

インドといえばわれわれが思い浮かべるイメージは、限定され、固定化している。「神秘の国」「悠久の国」といった憧憬を込めたイメージ、その一方で「カースト制度」「宗教対立」という後進的なイメージなど。こうしたイメージの固定は、どのように生まれ、そして、どのようにして突き崩されるべきなのか。イギリスによるインド支配期の諸側面を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • インド現代史をみる眼
  • 1 イギリスのインド認識
  • 2 近代インドにおける女性問題
  • 3 インド民族運動と「コミュナリズム」
  • 4 反カースト制度の潮流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス支配とインド社会
著作者等 粟屋 利江
書名ヨミ イギリス シハイ ト インド シャカイ
書名別名 Igirisu shihai to indo shakai
シリーズ名 世界史リブレット 38
出版元 山川出版社
刊行年月 1998.4
ページ数 82p
大きさ 21cm
ISBN 4634343800
NCID BA35548735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99001332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想