言葉がひらく哲学の扉

フォーラム哲学 編

ちょっと気になり、はっとして、胸に響く、76の『哲学の言葉たち』言葉の魅力、思索の愉しさを語る、哲学の饗宴。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 全世界は流謫の地である
  • 石が感じてなぜいけない
  • 見るということはまるで
  • 僕は再び僕自身です
  • Loneliness is not solitude
  • 人は女に生まれるのではない
  • 過去の真のイメージは
  • 美はねに約束するけれど
  • 人間は最近の発明であり
  • アウシュヴィッツ以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言葉がひらく哲学の扉
著作者等 フォーラム哲学
書名ヨミ コトバ ガ ヒラク テツガク ノ トビラ
書名別名 Kotoba ga hiraku tetsugaku no tobira
出版元 青木書店
刊行年月 1998.3
版表示 1版2刷
ページ数 310p
大きさ 19cm
ISBN 4250980081
NCID BA3551909X
BA44930422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98090359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想