モダリティと発話行為

赤塚紀子, 坪本篤朗 著

[目次]

  • 第1部 条件文とDesirabilityの仮説(背景
  • 条件文とDesirabilityの仮説
  • 日常的な反事実推論と感情世界
  • 日韓の幼児はなぜ早く条件文を話すようになるのか?)
  • 第2部 文連結の形と意味と語用論(文連結のキーワード
  • 時と条件の文連結
  • 「語り」の文連結
  • 状況の文連結)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モダリティと発話行為
著作者等 McCawley, Noriko Akatsuka
中右 実
坪本 篤朗
赤塚 紀子
書名ヨミ モダリティ ト ハツワ コウイ
書名別名 Modariti to hatsuwa koi
シリーズ名 日英語比較選書 / 中右実 編 3
出版元 研究社
刊行年月 1998.5
ページ数 211p
大きさ 21cm
ISBN 4327260037
NCID BA35510528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99005842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想