天災予知は可能か : 予測の科学と人々の暮らし

水野浩雄 著

予測の科学の最前線。地震、津波、火山噴火…。天災は突然やってくる。予知して備える災害対策はどこまで有効なのか。大切なものを守るために知っておくべきこと。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 阪神大震災
  • 第3章 自然を予測する科学の力
  • 第4章 天気予報はどこまで当たるか
  • 第5章 火山の噴火も予知は困難
  • 第6章 津波の予報
  • 第7章 予知を前提にした東海地震対策
  • 第8章 予知という言葉が消えた
  • 第9章 地震対策あれこれ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天災予知は可能か : 予測の科学と人々の暮らし
著作者等 水野 浩雄
書名ヨミ テンサイ ヨチ ワ カノウ カ : ヨソク ノ カガク ト ヒトビト ノ クラシ
書名別名 Tensai yochi wa kano ka
出版元 勁草書房
刊行年月 1998.4
ページ数 200, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4326652071
NCID BA35496686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99095181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想